メインイメージ
メインイメージ
メインイメージ
メインイメージ
  • ○ お料理

    お料理

    お蕎麦と天ぷらを中心とし季節にあわせたお料理も大切にしています。「自家製にしん棒焚」もお楽しみください。

  • ○ ながやのお蕎麦について

    ながやのお蕎麦について

    玄蕎麦をながやの蕎麦工房で自家製粉しています。ざる蕎麦とかけ蕎麦で挽き方も変えたこだわりの手打ち蕎麦です。

  • ○ お店案内

    お店案内

    中村区の岩塚駅近くの住宅街にある50年続く蕎麦屋です。1Fは席数カウンター5席・テーブル30席、2Fは座敷有り。

「ながや」のこだわり

  • 「碾き」へのこだわり

    「碾き」へのこだわり

    玄ソバ(蕎麦の実)を「ながやの蕎麦工房」にて石臼にて毎朝自家製粉しています。粗挽き、細挽きと挽き方も変えています。
    ※玄ソバは、畑から収穫した鬼殻のついたそのままの状態。
    ※粗挽きは、汁につけて食べる「ざる蕎麦用」、細挽きは、汁をかけて食べる「かけそば用」。

  • 「打ち」へのこだわり

    「打ち」へのこだわり

    水廻し(そば粉と水を合わせる)による、木鉢での作業が蕎麦打ちの良し悪しの8割決めると言われます。丁寧に丁寧に木鉢の様子を見ながら気温や湿度に気をつかい木鉢の作業を進めます。
    お蕎麦は毎日その日に必要な分だけ、ざる蕎麦は十割(細打ち・太打ち)、かけそばは二八(細打ち)と打ち分け手打ちをしています。

  • 「茹で」へのこだわり

    「茹で」へのこだわり

    太打ち・細打ち、ざるそば・かけそばと蕎麦の太さや食べ方によって茹で時間を秒単位で調整、食べてすするときの喉ごしの食感を大切にしています。